2011年5月14日土曜日

【比較】 エスペラント 入力方法

エスペラントのアルファベットを入力する方法はいくつかあります。
今回比較したのは、次の3つ。
結論から言うと、①esperan" が私(WindowsXP)には一番よい感じで、現在も使っています。

esperan (入力言語変換を行い、キーボードに直接 ŝなどをレイアウト
EK  (s^ 方式)
EspSpain  (sx 方式 / 直接レイアウト方式)


"esperan" (名前が分からなかったので、フォルダ名から命名)
「左Shiftキー」+「左Altキー」で入力言語の変換を行い、
直接キーボードに (ŝ, ŭ, ĵ, ĉ, ĝ) をレイアウトする方式です。
カスタマイズできないのが、玉にキズですが、慣れました。

ダウンロード・入力方法
1. 下記のページ、3つあるキーボードのうち一番下の(esperanto.zip)をクリックして保存。
http://sites.google.com/site/windowskeyboards/Home
2. 解凍し、esperan フォルダ内にあるsetup をダブルクリックしてインストール。
(しばらくすると、インストール完了の表示が出る。
3. 「左Shiftキー」+「左Altキー」で言語バーの[JP](日本語)が[EN](英語カリブ)に変わるのを確認。
4. 後は、レイアウト通りに直接入力。

補足1:@マーク
ĝ にすり替えられた@マークは「Shitキー」+「2」で入力できます。
(いくつか、Shiftキーを使う場合の文字が以下のように変わる)
!@#$%^&*()_+
1234567890-=

補足2:入力言語名
「コントロール パネル」→「地域と言語のオプション」→「言語」→「詳細」→「追加」/「削除」で、好きな言語をエスペラントのタイピング用に使うことができます。*ただし、「キーボード"レイアウト」は Esperanto Keyboard - Custom にしてください。

アンインストール方法
「スタート」→「コントロール パネル」→「プログラムの追加と削除」で、Esperanto Keyboard を削除。



「^」の後に「s」や「c」などを入力する方式。
fiŝo と入力したい場合、fi^so と打つ。
安定的に動作したが、「^」を打つのが遠い。
また、感覚的にs の後に^ を打ちたくなる。

fiŝo と入力したい場合、fisxo と打つ方式と、
直接キーボードの使わないキー(qwyx)などに(ŝŭĵĉ)を割り当てる方式を選べる。
(例:「q」に「ŝ」を割り当てると、fiŝo と入力するのに、fiqo と打てばよい。)
また他にもカスタマイズできるので使い勝手がよいが、うまく動作しなかったため、使用を断念。
ek39inst.exe はEnterキーが動作せず、
ek38inst.exe はそもそも字上符が出てこなかった・・・。

その他
JEIWikipedia のページをご参考ください。
JEI(パソコンでの字状符入力方法)
Wikipedia(一番下にリンクが貼ってあります。Android用も)


1 件のコメント:

. さんのコメント...

Macでは、関西エスペラント連盟 (KLEG) のウェブページからダウンロードできる入力方法が便利です。

http://kleg.jp/mac/Klavaro_por_Mac_OS_X-j.htm

Optionキーを押しながらcghjswを押すと、ĉĝĥĵŝŭが入力できます。
利点は、「モードの切り替え」がないこと。

私はさらに、Option + a e o u で、aŭ eŭ oŭ ŭ が入力できるように改変して使っています。